お金を借りる前にゼニジマくんがキャッシングを解説します

お金を借りる前に!ゼニジマくんがキャッシングを徹底解説!

闇金ではない優しいゼニジマくんがお金を借りたいという人のために、キャッシングについて徹底的に解説します

お金を借りる前に!ゼニジマくんがキャッシングを徹底解説! » キャッシングの基礎知識 » 

返済が遅れたらブラックリストに掲載されたり、怖いお兄さんが取り立てに来る?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 3分

はじめてキャッシングするとき、やはり気になるのは返済が遅れたらどうなってしまう??と心配される方も多いと思います。。

どのような融資でも同じなのですが、お金を借りたら、残債に対する金利に基づいた利息を元金の月の返済額を合わせて毎月決められた日に支払わなければいけません。。
その返済額は金利や融資額によっても異なりますが、審査をクリアできている時点では返済は無理という事はないはずです。
返済が無理とわかっていて審査を通過させてキャッシングさせるなんてことは普通ないです。
担保をとった融資なら、いわゆる「貸しはがし」目的で無理やり融資しちゃうなんて話もありますが・・・。
それは無担保融資であるキャッシングとは関係ない話ですw

返済できるはずのキャッシングとはいえ、人によっては出費が多くて返済が遅れてしまう、もしくはお金があっても引き落とし口座に入金し忘れて引き落としされなかった、ということもありますよね。
少しでも返済が遅れたらブラックリストに載るとか、怖いお兄さんが取り立てにやってきたり、執拗な電話をかけてくる、という心配をしている人も多いと思いますw
でも、実際のところ、返済が一度遅れたくらいでブラックリストに載る事はありません!
また、闇金であれば取り立てや嫌がらせなどがありますが、銀行はもちろん大手消費者金融ではそういったことはありませんよ。
当サイトでゼニジマが紹介しているキャッシング業者なら大丈夫です!

もちろん、返済が遅れて、いつまでも返済しない、と言う事が続けば電話連絡がきたり書面での連絡が来ます。
それでも3ヶ月以上返済しないとなればブラックリストに載る事もあります。。
とはいえ、少し返済が遅れたぐらいなら大丈夫です。
出来る限り、すぐに返済すれば問題ないです。

その返済方法ですが、遅れてもATMから返済する事も出来ますし、銀行カードローンなどは指定口座に入金するだけで自動的に引き落としされる場合もあります。
ただ、返済があまりに遅れると、電話連絡などが来る場合もあるので、それにはしっかり応対するようにしてください!
ゼニジマ的には、こちらから連絡をするのをおすすめします。
返済が遅れるのは仕方ないにしても、こちらから誠意をみせることがキャッシングの達人への第一歩ですよ。

総量規制とは。除外と例外についても知っておこう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 3分

はじめてキャッシングするなら総量規制について知っておきましょう。
キャッシングするときに頻繁に出てくる用語なので、総量規制とは何ぞや?って思っている人も多いですよね。

総量規制とは貸金業法で定められている規制です。
原則として借入総額が年収の3分の1までしか借りられないというものです。
これについては、よくテレビCMなどで言われているので聞いた事があるのではないでしょうか。
つまり、年収が300万円という方なら、借入総額が100万円を超えてしまうような場合には原則として借り入れできないということになります。

ただ、これには除外や例外もあります。
例えば、住宅ローンやマイカーローンなどは対象にはなりません。
年収300万円の方が1,000万円の住宅ローンを組んでいる(借り入れしている)という場合、本来ならここからキャッシングをする事は出来ない事になりますが、これは総量規制から除外されているため、問題ありません。
ただ毎月の住宅ローンの返済が高額になっていると、そういう理由で審査をクリアできない事はあります。
ただこの場合は総量規制とは関係ないんです。

また、キャッシングによっては総量規制の対象外になるものもあります。
この法律は貸金業法によるもので、あくまで貸金業法の下で貸し付けをしている消費者金融にのみ対象となっています。
つまり銀行カードローンの場合は総量規制の対象外になるのです。
そのため、他の項目の審査をクリアできれば、年収の3分の1を超える借入でも融資可能となるわけです。
ただ、それでも年収の3分の1というのは最低限の生活を送れる基準とも言われていますから、それを超える借入だとやはり返済は厳しくなってしまうかもしれないです。
総量規制の対象外だからといって、銀行カードローンなどで無理なキャッシングするのはゼニジマとしてはおすすめしません!

キャッシングの流れとは。スムーズにお金を借りるためにおさえておこう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 3分

いざキャッシングしようと思ったら、どのような流れで行うのかが気になりますね。
ここではキャッシングを実際におこなうとき、どういう流れになるのかご説明いたします!
キャッシングは即日融資可能とはいうものの、キャッシングの流れを把握しておかないと即日融資も間に合わなくなってしまうかも。
お金が必要な時にスムーズにキャッシングするためにも、流れをきちんとチェックしていってくださいね。

まず、当然ですがキャッシングするところを選ばないといけません。
一口にキャッシングといっても、銀行カードローン、消費者金融、クレジットカードのキャッシング枠など、いろいろとあります。
どこからキャッシングするのか、それぞれのメリット・デメリットをきちんと把握した上で自分に合うものを選ぶようにしましょう。

自分がキャッシングするところが決まったら申し込みをします。
店舗のある銀行であれば、直接窓口に行って申し込む方法もありますが、最近ではインターネットからも申し込みする方が普通かなと思います。
消費者金融の場合には、一部スタッフのいる店頭窓口もありますし、大手だと無人契約機もあります。
消費者金融の場合も、電話やインターネットでも申し込み可能です。
クレジットカードのキャッシング枠を利用する場合には、あらかじめカードにキャッシング枠が付帯されている場合のみですが、ATMからお金を引き出すようにキャッシングすることが可能です。
やっぱり、キャッシングするというのは、あまり他人に知られたくないことだと思うので、インターネットや無人契約機などを利用するという人がほとんどみたいです。

申し込みの際には、キャッシングする会社によって異なりますが本人確認書類、場合によっては収入証明書の提出が必要になります。
その後、申し込み内容を確認して各社の審査を受けることになります。
その最終審査としては、記載した職場で勤務しているのかを確認する在籍確認が行われます。
在籍確認というのは、実際にその職場で働いている実態があるかどうかを調べるため、キャッシング業者が職場に電話するというものです。
職場に電話がかかってくるので、職場の人にキャッシングのことを知られてしまうと心配する人も多いです。。
ただ、実際には、キャッシングの会社名ではなく個人名でかかってきますし、友人からの電話のような雰囲気のものなので、そこまで心配する必要はないと思いますよ。

審査を無事クリアできたら、カードが発行されます!
そのカードを使って、専用ATM、提携ATMを使ってお金を引き出す事ができるようになります。
カードの発行については、無人契約機があるキャッシング会社であれば、そこから発行できますし、そうでない場合には郵送での発行となります。

金利は大体どれぐらい?上限金利、加減金利の平均は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 2分

キャッシング初心者さんが、まず覚えておかなければいけないことであり、気になるポイントが金利だと思います。
キャッシングのデメリットともいえるのが、やはり金利が高いという点です。。
キャッシングは無担保、無保証人ということもあり、金利が高めに設定されているんです。

キャッシングの金利は、各社によっても異なりますし、銀行カードローン、消費者金融、クレジットカードなど、キャッシングの種類によっても変わってきます。
一般的には、銀行カードローンの場合には下限金利が年利3.0~4.5%、上限金利は14.5~14.8%という金融機関が多いです。
一方、消費者金融の場合は、下限金利は4.5~5.0%、上限金利は17.8~18.0%というところが多いみたいです。
金利以外にも、返済が遅れた場合に発生する遅延損害金が20.0%というところが多いです。

また、融資限度額によっても金利は変わっていきます。
キャッシングは全ての金融機関を総合しても大体3.0~18.0%となっていますが、これはランダムに金利が決められるわけではなく、融資限度額が高くなるに従って金利もどんどん低くなっていくのです。
その金融機関によって下限金利は異なりますが、仮に下限金利4.0%だったとして、融資限度額が最大でも500万円だったとします。
その場合、融資限度額が500万円となった時には、おそらく下限金利の4.0%となると思います。
キャッシングは金利が高いというイメージがあると思いますが、状況によってはそうでもないのです。
ただ、はじめてキャッシングする場合には、最初から高額の融資限度額になる事は少なく、たいていは10~30万円ですので、金利はその金融機関が定める上限金利となると思っておいたほうがいいです。

キャッシングの種類!銀行カードローン、消費者金融、クレジットカードの違いとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 4分

はじめてのキャッシング入門として基礎知識をまとめていきます。
まず知っておかなければいけないのは、キャッシングと一口に言ってもいくつか種類があり、それぞれに特徴があるという点です。
大きく分けると、キャッシングには銀行カードローン、消費者金融、そしてクレジットカードのキャッシング枠を利用する方法があります。

 

 

銀行カードローンはその名の通り銀行が提供する無担保ローンのことです。
無担保のため、担保や保証人は要りません。
契約の際に設定した融資限度額の範囲内であれば何度でもお金を引き出せるので、まさにキャッシングという使い方ができます。
毎月の返済の他に繰上返済もできますが、その際の繰上返済手数料もかからないなどのメリットがあります。
その反面、金利が比較的高く、年利3.0~14.8%くらいになります。
銀行カードローンの最大の魅力といえるのは総量規制の対象ではないということ。
総量規制というのはキャッシングに対する法律の規制のことで、年収の3分の1までしか貸付をおこなってはいけないことになっています。
ただし、これは消費者金融業者に対してのみ適用される規制で、銀行カードローンは総量規制の対象外になっています。
そのため、銀行カードローンであれば年収の3分の1以上のキャッシングも可能ですし、専業主婦や無職の人でもキャッシングできる可能性があります。
この総量規制の影響で、消費者金融がお金を貸せないような人をターゲットとした貸付をおこない、銀行系カードローンがどんどん売上を拡大しているようです。
銀行系カードローンといいつつ、実際の貸付業務は消費者金融がおこなっているというとろも多いのだとか。
ぶっちゃけ、総量規制という法律をかいくぐるために、消費者金融が銀行の名前を借りて運営しているのが銀行系カードローーンといえるかもしれません・・・。
銀行としても、消費者金融のお客さんを自分に取り込むことができるので美味しいってことですね。
まぁ、いずれにしろ、キャッシング初心者さんにとっても、銀行系カードローンは使いやすいキャッシング業者さんといえると思います。

 

 

消費者金融も銀行カードローンと使い勝手はあまり変わりありません。
無人契約機があるところも多く、土日祝日でも申し込みができて、即日キャッシングができる消費者金融が多いです。
消費者金融によっては無利息キャッシングも可能というところもあります。
プロミスの30日間無利息キャッシングが有名です。
ただ、金利が高めで5.0%~18.0%となってしまいますし、総量規制により年収の3分の1までしか借りられないという制限もあります。

 

 

クレジットカードのキャッシング枠を利用する方法は、持っているクレジットカードを契約した際、キャッシング枠も設定していれば、その範囲内ですぐにキャッシングできるというもの。
金利も消費者金融並みと高めですが、すでにクレジットカードを持っていれば、すぐにキャッシングできてしまうというところが最大の魅力。
消費者金融や銀行カードローンからキャッシングするのは敷居が高いという人も、クレジットカードでのキャッシングなら気軽にできそうですよね。

カテゴリー
スポンサーリンク
最近の投稿
最近のコメント