お金を借りる前にゼニジマくんがキャッシングを解説します

お金を借りる前に!ゼニジマくんがキャッシングを徹底解説!

闇金ではない優しいゼニジマくんがお金を借りたいという人のために、キャッシングについて徹底的に解説します

お金を借りる前に!ゼニジマくんがキャッシングを徹底解説! » アーカイブ

家族所有の持ち家で住宅ローンなしなら専業主婦でもキャッシングできる?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 2分

「家族所有の持ち家があり、かつ住宅ローンも完済している」という状態はキャッシングの審査のうえではかなり高評価になるでしょう。
これから継続的に返済していく大口の借金が無いのであれば、キャッシング業者が多少多く融資をしたとしても完済をしてくれる可能性は高いと判断してくれます。
しかしこうした情報があると言っても専業主婦がキャッシングを利用できるかどうかは別の話です。
「専業」と付く以上はパートなどで働いていないということになりますから、家族単位ではなくその専業主婦個人で見ると年収が無いということになります。
現在の日本では貸金業者が年収の1/3までしか融資できないとされる総量規制が行われていますから、貸金業者から借りるのであればたとえ持ち家があって住宅ローンが完済されていたとしても融資してもらえる可能性は無いのです。
ただ銀行系業者のキャッシングであれば話は別で、こちらの場合は貸金業者では無いため総量規制の影響は受けません。
また過去に住宅ローンを借りていた銀行では社内データベースにその時の返済状況の情報が残っている可能性が高いですから、住宅ローンを借りた銀行に相談をしてみるとすんなり融資を受けられる可能性もあるでしょう。
ただこの場合でも家計の主な収入を持つ夫の収入証明や同意書といったものの提出が求められることはありますから、事前に夫に相談して必要な書類を借りられるようにしておくことが必要です。

審査にすごく影響する信頼度とは?お金を借りるために大事なこと。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 3分

キャッシングの審査では、結局は申し込みをした本人の信頼度がポイントになるってことです。
信頼度といっても、キャッシングの審査の場合、人間性、人格ということではありませんw
あくまでも、お金を融資してもこの方なら確実に返済してくれるだろう、という意味の信頼度です。
別に人格的に最悪でもお金をきちんと返しさせくれればキャッシング業者としてはOKです。

もちろん、キャッシングの申し込みをする時点で、誰もが確実に返済していこうと思うものですよね。
最初から返す気もなくて借りるという方は普通はいないと思います、さすがに。
ただ、しっかり返済していくという気持ちがあっても、やむをえず返済が遅れてしまう場合もありますよね。
誰もが普通はきちんと返済する気持ちでキャッシングするといっても、はじめてキャッシングするという人が、本当にしっかりと返済してくれるかどうかっていうのはわかりません。
何せはじめてなのですから^^;
ということで、キャッシング初心者さんというのは信頼度は決して高いとは言えません。
もちろん、返済遅れがあったわけではないのでマイナスでもないです。

ただ、この信頼度については、これからキャッシングする会社に対するものだけではないんです。
他の借入金がある場合には、そちらの返済履歴、クレジットカードもあるならそっちの返済履歴も関係してくるんです!
一番条件としていいのは、今までお金を借りた事がない、クレジットカードを持っていない、という方よりも、借入金やクレジットカードの支払いがあったとしても、返済日、口座振替日には遅れることなく確実に返済しているという人です。
逆に言えばいくら年収が高く、充分に返済能力がある方でも、いつも返済遅れをしている人は信頼度が低いってことになります。
いくら他の条件がクリアできていても、審査が通らない場合もあるんです!

審査の最終段階が在籍確認です!略して「ざいかく」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 2分

キャッシングの最終審査とも言われるのが、在籍確認です。
在籍確認とは、キャッシングの申し込みに記載した勤務先で間違いなく働いているのかという確認になります。
金融機関によっては、50万円まで、もしくは100万円、300万円までの融資限度額なら、収入証明書が要らないというところが多くなってきています。
なぜ、収入証明書が要らないのか、というとしっかり働いているのであれば、最低賃金はもらえるでしょうから、毎月返済しなければいけない額くらいは確実に返済できるだろうということからです。

ただ、それはあくまでしっかりと勤務していることが条件です。
実際、在籍確認がなければ、無職の方でも申し込みの際に偽りの勤務先を記載すれば、審査はクリアできてしまいます。
特に公務員なんて記載すればより審査をクリアしやすくなりますよね。
そういった偽証をなくすため、本当に働いているかどうかを勤務先に電話をかけて確認するのです。

キャッシングすることを会社の人にばれるのが嫌だという人も多いと思います。
確かに住宅ローンやマイカーローン以外の借金はあまり人には知られたくないものです。
ましてや消費者金融となれば、未だに悪いイメージを持っている方もいるので、在籍確認の電話がその消費者金融から来たとなれば最悪ですよね^^;

でも、たいてい在籍確認は会社名ではなく個人名で連絡をしてきますから、本人が電話口に出ない限り他人に知られる事はないのです!
また、仮に外出していたとしても「○○は今出ております」というコメントをいただければ勤務している事は確認できるので、それで在籍確認完了となる事もあります。
しかもその在籍確認は、本当に働いているかだけですので、たいした話はしないので安心ですよ。
キャッシングの在籍確認は、そんなに心配することもないですよ!

家族構成や賃貸か持ち家かもキャッシングの審査には大事!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 2分

キャッシングの申し込みの際には、年収や職業などの情報の他に、家族構成や住まいについて記載する欄があります。
具体的に言えば、扶養家族は何人いるのか、住まいは借家か持ち家か、持ち家の場合には誰の持ち物なのか(本人、配偶者、家族等)、そして住宅ローンは支払っているのか、といった点です。
お金を借りる本人の情報が必要なのはわかりますが、家族構成や住まいについてはキャッシング審査には関係ないだろうと思う人も多いと思います。
でも、実は家族構成や住まいについても審査ポイントの一つになっているんです。

まず、家族構成についてですが、家族の人数、扶養家族が何人いるのか、家族の中で働いている方が何人いるのかによって、生活に余裕があるかどうかがある程度わかりますよね。
例えば、両親、妻、子供2人の6人家族だった場合、全員が働いておらず扶養家族になっていれば1人の収入で自分を合わせて6人の生活を支えないといけないので、相当な収入がないとキャッシングしても返済できない可能性があると判断されます。
一方、同じ6人家族でも、両親も妻も働いていて、子供も就職して収入を得ているとなれば、家族全体の収入が多いので、仮にその方がキャッシングしても十分に返済出来るだろうと判断出来ます。

また、住まいについても、賃貸・借家の場合、月収から毎月家賃の支払いがあります。
その分返済に回すお金が少なくなると考えられるので、キャッシングの審査にはマイナスです。。
それが持ち家でさらに住宅ローンもなければ、固定資産税を支払う程度でOKなので、返済の余裕があると判断されます。
住宅ローンなしの持ち家はキャッシングの審査には大いにプラスといえます!

他社の借り入れがあるとキャッシングの審査は通りづらい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 2分

キャッシング審査のポイントとしては、他の借入金の有無があります。
もちろん、借入金はないに越した事はありませんが、仮に借入金があるとしても必ずしも審査をクリアできないというわけではありません。
言いかえれば、借入金があっても、さらにキャッシングすることは可能です!
ただし、今度新たにキャッシングする額、毎月返済していく額を問題なく返済していけるだけの余裕があるかどうかが審査のポイントになるというわけです。

同じ年収であれば、基本的に他の借入金があると、借入金がない場合よりも審査は厳しくなります。
他の借入金があっても、年収が高く返済するのに十分な余裕があれば審査はクリアしやすいでしょうし、他の借入金がなくても年収が低ければ審査は厳しくなるというわけです。

ただ、消費者金融からお金を借りる場合には他の借入金が大きく関係する事もあります。
それが総量規制です。
総量規制は、年収の3分の1を超える借入はできないというものですから、他の借入金と今回キャッシングを申し込む金額の合計が年収の3分の1を超えてしまうと審査は通過できません!
せいぜい3分の1になるまでの融資限度額となります。

キャッシングの申し込みの際には、他の借入金を記載する必要があります!
中にはどうせ他の会社での借り入れだからわからないだろうとゼロ円と記載する方、もしくは少なく提示する方もいますw
でも、キャッシングの情報は金融機関で共有できるため、偽っていても、すぐにばれますw
それが自分自身の信用をなくしてしまうことになりかねません。
ウソをついてしまうと、キャッシングの審査は通りづらくなっちゃんです。
キャッシングの審査を確実に通過するためにも、しっかりと明確な借入金の額を申告するようにしてください。

職業と勤務先もキャッシング審査には重要!会社員や公務員なら言うことなし!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 3分

キャッシングの審査ポイントとして、年収の次に大事なのが職業や勤務先です。
審査の基準となるのは年収ですが、実は年収が同じでも審査をクリアできる人もいれば、落ちてしまう方もいます。
その理由の一つが、その年収が継続して得られるかどうかという点です。

それを審査するポイントが職業であり、勤務先です。
職業にはいろいろあり、キャッシング審査を行った時点の年収から何年経過しても変わらないという職業もあれば、少しずつとはいえ年々年収がアップする職業もありますよね。
その一方で、その時の経済状態によって年収が高くなったり低くなったりする職業もあるでしょう。
その中でもどんどんこれから悪くなっていくのでは?と思われる職業もあれば、どんどん伸びていく職業もあります。
キャッシング審査では年収は高いほどいいですが、審査の時には高くても上がり下がりが激しいような職業だとあまり審査条件としてはよろしくありません。
たとえ、俺は月収100万だと威張っている人でも、数ヶ月先の月収がどうなっているか分からないような人は審査は通過しづらいです。
それよりも今よりアップする事は少ないが、下がる事もない、というような職業は審査をクリアしやすいのです。
つまり、会社員とか公務員であればキャッシングの審査は通過しやすいです!

そして職業が同じでも、勤務先によっても違うでしょう。
勤務先の景気はもちろん、規模、その他勤続年数なども関係します。
これについても、会社が倒産する心配が少ない大手企業に勤めている方の方が有利といえます。

職業でいえば、弁護士や医師などのように安定した高収入を得られる方は有利で、一般的には公務員がいいです。
次いで、会社員となり、審査が厳しくなるのは自営業などです。
また、アルバイトやパートでの勤務の方も、情勢によっては解雇されやすいので、審査は厳しくなります。。。
まさに格差社会ってやつですね。。
キャッシングの世界にも格差があるなんて世知辛いですな。
ちなみにゼニジマは、しがない個人事業主なのでキャッシング世界でも下層ですw

キャッシングの審査の一番のポイントは年収!返済能力があるかどうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 3分

はじめてキャッシングする場合には、まずはその会社で審査を受け、クリアしないといけません。。。
審査を通過しないとキャッシングはできないのです!
その審査にはいろいろなポイントがあるのでチェックしておきましょう。

まず、審査ポイントの基準となるのが、申し込んだその人の年収です。
キャッシングも借金ですから、金利に基づいた利息と元金を毎月返済していかなければいけません。
そのため、返済能力があるかどうかが一番のポイントとなります!

年収がいくらあればいいのか、と言うのは一概には言えません。
あくまで融資限度額に応じた年収が必要となり、厳密に言えば年収によって融資限度額が決められます。
そのため、年収が低い方はあまり高い融資限度額にはならないです。
要するに年収が低い人はお金はあまり借りれないってことえす。
悲しいけど、これキャッシングの現実なのよね。。。

消費者金融からのキャッシングの場合には、特に年収が大きな審査のポイントになります。
というのは、消費者金融からのキャッシングの場合には、総量規制が関係するからです。
総量規制とは年収の3分の1を超える借り入れができないという貸金業法で定められている規制です。
厳密に言えば総量規制に引っかかる場合には、審査の基準にもならないということになってしまいます。
そのため、もし銀行や消費者金融から、年収の3分の1ほどお金を借りている場合には新たに消費者金融からキャッシングができなくなります。
その場合には、銀行カードローンに申込んでください!
というのは、総量規制というのは消費者金融業者に対する規制であり、銀行系カードローンは規制の対象外だからです。
とはいうものの、銀行系カードローンなら年収の3分の1以上でもキャッシングできる可能性はありますが、その分、消費者金融よりも審査が厳しいともいわれているので、一概に銀行カードローンなら借りれるともいえないんですけどね。。。

基本的に年収は、本人のものが対象になるのですが、専業主婦の場合には旦那さんの年収が審査の基準になる事もあります!

返済が遅れたらブラックリストに掲載されたり、怖いお兄さんが取り立てに来る?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 3分

はじめてキャッシングするとき、やはり気になるのは返済が遅れたらどうなってしまう??と心配される方も多いと思います。。

どのような融資でも同じなのですが、お金を借りたら、残債に対する金利に基づいた利息を元金の月の返済額を合わせて毎月決められた日に支払わなければいけません。。
その返済額は金利や融資額によっても異なりますが、審査をクリアできている時点では返済は無理という事はないはずです。
返済が無理とわかっていて審査を通過させてキャッシングさせるなんてことは普通ないです。
担保をとった融資なら、いわゆる「貸しはがし」目的で無理やり融資しちゃうなんて話もありますが・・・。
それは無担保融資であるキャッシングとは関係ない話ですw

返済できるはずのキャッシングとはいえ、人によっては出費が多くて返済が遅れてしまう、もしくはお金があっても引き落とし口座に入金し忘れて引き落としされなかった、ということもありますよね。
少しでも返済が遅れたらブラックリストに載るとか、怖いお兄さんが取り立てにやってきたり、執拗な電話をかけてくる、という心配をしている人も多いと思いますw
でも、実際のところ、返済が一度遅れたくらいでブラックリストに載る事はありません!
また、闇金であれば取り立てや嫌がらせなどがありますが、銀行はもちろん大手消費者金融ではそういったことはありませんよ。
当サイトでゼニジマが紹介しているキャッシング業者なら大丈夫です!

もちろん、返済が遅れて、いつまでも返済しない、と言う事が続けば電話連絡がきたり書面での連絡が来ます。
それでも3ヶ月以上返済しないとなればブラックリストに載る事もあります。。
とはいえ、少し返済が遅れたぐらいなら大丈夫です。
出来る限り、すぐに返済すれば問題ないです。

その返済方法ですが、遅れてもATMから返済する事も出来ますし、銀行カードローンなどは指定口座に入金するだけで自動的に引き落としされる場合もあります。
ただ、返済があまりに遅れると、電話連絡などが来る場合もあるので、それにはしっかり応対するようにしてください!
ゼニジマ的には、こちらから連絡をするのをおすすめします。
返済が遅れるのは仕方ないにしても、こちらから誠意をみせることがキャッシングの達人への第一歩ですよ。

総量規制とは。除外と例外についても知っておこう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 3分

はじめてキャッシングするなら総量規制について知っておきましょう。
キャッシングするときに頻繁に出てくる用語なので、総量規制とは何ぞや?って思っている人も多いですよね。

総量規制とは貸金業法で定められている規制です。
原則として借入総額が年収の3分の1までしか借りられないというものです。
これについては、よくテレビCMなどで言われているので聞いた事があるのではないでしょうか。
つまり、年収が300万円という方なら、借入総額が100万円を超えてしまうような場合には原則として借り入れできないということになります。

ただ、これには除外や例外もあります。
例えば、住宅ローンやマイカーローンなどは対象にはなりません。
年収300万円の方が1,000万円の住宅ローンを組んでいる(借り入れしている)という場合、本来ならここからキャッシングをする事は出来ない事になりますが、これは総量規制から除外されているため、問題ありません。
ただ毎月の住宅ローンの返済が高額になっていると、そういう理由で審査をクリアできない事はあります。
ただこの場合は総量規制とは関係ないんです。

また、キャッシングによっては総量規制の対象外になるものもあります。
この法律は貸金業法によるもので、あくまで貸金業法の下で貸し付けをしている消費者金融にのみ対象となっています。
つまり銀行カードローンの場合は総量規制の対象外になるのです。
そのため、他の項目の審査をクリアできれば、年収の3分の1を超える借入でも融資可能となるわけです。
ただ、それでも年収の3分の1というのは最低限の生活を送れる基準とも言われていますから、それを超える借入だとやはり返済は厳しくなってしまうかもしれないです。
総量規制の対象外だからといって、銀行カードローンなどで無理なキャッシングするのはゼニジマとしてはおすすめしません!

キャッシングの流れとは。スムーズにお金を借りるためにおさえておこう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 3分

いざキャッシングしようと思ったら、どのような流れで行うのかが気になりますね。
ここではキャッシングを実際におこなうとき、どういう流れになるのかご説明いたします!
キャッシングは即日融資可能とはいうものの、キャッシングの流れを把握しておかないと即日融資も間に合わなくなってしまうかも。
お金が必要な時にスムーズにキャッシングするためにも、流れをきちんとチェックしていってくださいね。

まず、当然ですがキャッシングするところを選ばないといけません。
一口にキャッシングといっても、銀行カードローン、消費者金融、クレジットカードのキャッシング枠など、いろいろとあります。
どこからキャッシングするのか、それぞれのメリット・デメリットをきちんと把握した上で自分に合うものを選ぶようにしましょう。

自分がキャッシングするところが決まったら申し込みをします。
店舗のある銀行であれば、直接窓口に行って申し込む方法もありますが、最近ではインターネットからも申し込みする方が普通かなと思います。
消費者金融の場合には、一部スタッフのいる店頭窓口もありますし、大手だと無人契約機もあります。
消費者金融の場合も、電話やインターネットでも申し込み可能です。
クレジットカードのキャッシング枠を利用する場合には、あらかじめカードにキャッシング枠が付帯されている場合のみですが、ATMからお金を引き出すようにキャッシングすることが可能です。
やっぱり、キャッシングするというのは、あまり他人に知られたくないことだと思うので、インターネットや無人契約機などを利用するという人がほとんどみたいです。

申し込みの際には、キャッシングする会社によって異なりますが本人確認書類、場合によっては収入証明書の提出が必要になります。
その後、申し込み内容を確認して各社の審査を受けることになります。
その最終審査としては、記載した職場で勤務しているのかを確認する在籍確認が行われます。
在籍確認というのは、実際にその職場で働いている実態があるかどうかを調べるため、キャッシング業者が職場に電話するというものです。
職場に電話がかかってくるので、職場の人にキャッシングのことを知られてしまうと心配する人も多いです。。
ただ、実際には、キャッシングの会社名ではなく個人名でかかってきますし、友人からの電話のような雰囲気のものなので、そこまで心配する必要はないと思いますよ。

審査を無事クリアできたら、カードが発行されます!
そのカードを使って、専用ATM、提携ATMを使ってお金を引き出す事ができるようになります。
カードの発行については、無人契約機があるキャッシング会社であれば、そこから発行できますし、そうでない場合には郵送での発行となります。

カテゴリー
スポンサーリンク
最近の投稿
最近のコメント