お金を借りる前にゼニジマくんがキャッシングを解説します

お金を借りる前に!ゼニジマくんがキャッシングを徹底解説!

闇金ではない優しいゼニジマくんがお金を借りたいという人のために、キャッシングについて徹底的に解説します

お金を借りる前に!ゼニジマくんがキャッシングを徹底解説! » アーカイブ

車のローンの組み換えで審査が通るか不安。滞納はないけど大丈夫?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 2分

ローンは全般的に低金利化している傾向があります。
契約時は超低金利のローンでも、数年後も優位性があるとは限りません。
さらなる低金利ローンを見つけたら、組み換えしたくなるものです。

車のローンは金融機関による金利差が非常に大きいローンです。
住宅ローン並の低金利で融資しているところもあれば、キャッシングやカードローンと変わらない金利のところもあります。
5%と15%では3倍の差ですが、実際に返済をしていくとそれ以上の差に感じられます。
月々の負担を減らしつつ早期完済をするためには、少しでも低金利のローンを利用するべきです。

車のローンの組み換えに関しては、滞納がなければ審査に通過する可能性は高いでしょう。
総量規制の対象外のローンなので、目的の金額の借入はしやすいでしょう。
審査に通過できないとしたら、滞納が複数回ある場合です。
たまたま1回だけ返済日に遅れてしまった程度なら、それほど大きな問題ではありません。
審査に影響するのは、毎回のように遅延する、または長期滞納するといった状況でしょう。
最終的に審査の合否を決定するのは金融機関ですが、滞納がないほうがいいのは間違いありません。
将来的に車のローンの組み換えをする方もいるでしょうから、現在返済中のローンも遅延しないように注意しましょう。
長期的に遅延すると、個人信用情報に事故情報として登録されてしまう可能性があります。
滞納をすると遅延損害金も発生するなど、利用者にとってメリットは何もありません。

個人事業主がキャッシングする場合に必要な書類とは?会社員でなくてもお金を借りるコツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 2分

個人事業主がキャッシングを利用する場合、利用使途に問題が生じる事が在ります。
一般的な会社員の場合の利用使途は買い物や旅行、引越しなど色々な用途でお金を利用しようと考えてキャッシングの申し込みを行いますが、個人事業主の場合はこれに加えて資金使途と言う形でお金を借りるケースが在るからです。

しかし、資金使途としてお金を借りたい場合は、専用のローン商品が用意されていますし、会社員と同じく資金使途以外での用途でお金を借りる事も可能です。

会社員がキャッシングの申し込みをする時の書類と言うのは、申し込み額に応じて運転免許証などの本人確認書類だけで良い場合と、年収を証明することが出来る源泉徴収票や直近の給料明細が必要になるケースが在ります。

しかし、個人事業主の場合はこれらの書類が無いため、税務署に提出を行っている確定申告書、納税証明書なその書類の用意が必要です。
また、運転免許証やパスポート、健康保険証の何れかの本人確認書類は会社員や個人事業主に関係なく必ず必要になる書類と言う事からも、事前に用意をしておくことが審査をスピーディーに受けるコツでもあります。

尚、キャッシングの商品説明の中などに記載が在る申し込みが出来る条件の中に個人事業主が外されているケースも在りますが、利用可能かどうかを電話などで問い合わせを行う事で申し込みが可能になるケースも在りますし、申し込み条件に個人事業主も可となっていれば審査を受ける事が出来ます。

カテゴリー
スポンサーリンク
最近の投稿
最近のコメント