お金を借りる前にゼニジマくんがキャッシングを解説します

お金を借りる前に!ゼニジマくんがキャッシングを徹底解説!

闇金ではない優しいゼニジマくんがお金を借りたいという人のために、キャッシングについて徹底的に解説します

お金を借りる前に!ゼニジマくんがキャッシングを徹底解説! » キャッシングの疑問 » 個人事業主がキャッシングする場合に必要な書類とは?会社員でなくてもお金を借りるコツ

個人事業主がキャッシングする場合に必要な書類とは?会社員でなくてもお金を借りるコツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 2分

個人事業主がキャッシングを利用する場合、利用使途に問題が生じる事が在ります。
一般的な会社員の場合の利用使途は買い物や旅行、引越しなど色々な用途でお金を利用しようと考えてキャッシングの申し込みを行いますが、個人事業主の場合はこれに加えて資金使途と言う形でお金を借りるケースが在るからです。

しかし、資金使途としてお金を借りたい場合は、専用のローン商品が用意されていますし、会社員と同じく資金使途以外での用途でお金を借りる事も可能です。

会社員がキャッシングの申し込みをする時の書類と言うのは、申し込み額に応じて運転免許証などの本人確認書類だけで良い場合と、年収を証明することが出来る源泉徴収票や直近の給料明細が必要になるケースが在ります。

しかし、個人事業主の場合はこれらの書類が無いため、税務署に提出を行っている確定申告書、納税証明書なその書類の用意が必要です。
また、運転免許証やパスポート、健康保険証の何れかの本人確認書類は会社員や個人事業主に関係なく必ず必要になる書類と言う事からも、事前に用意をしておくことが審査をスピーディーに受けるコツでもあります。

尚、キャッシングの商品説明の中などに記載が在る申し込みが出来る条件の中に個人事業主が外されているケースも在りますが、利用可能かどうかを電話などで問い合わせを行う事で申し込みが可能になるケースも在りますし、申し込み条件に個人事業主も可となっていれば審査を受ける事が出来ます。

お金を借りるならとりあえずプロミスでOKです

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連する記事一覧

comment closed

トラックバックURL   
カテゴリー
スポンサーリンク
最近の投稿
最近のコメント