お金を借りる前にゼニジマくんがキャッシングを解説します

お金を借りる前に!ゼニジマくんがキャッシングを徹底解説!

闇金ではない優しいゼニジマくんがお金を借りたいという人のために、キャッシングについて徹底的に解説します

お金を借りる前に!ゼニジマくんがキャッシングを徹底解説! » 審査のポイント » 家族構成や賃貸か持ち家かもキャッシングの審査には大事!

家族構成や賃貸か持ち家かもキャッシングの審査には大事!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 2分

キャッシングの申し込みの際には、年収や職業などの情報の他に、家族構成や住まいについて記載する欄があります。
具体的に言えば、扶養家族は何人いるのか、住まいは借家か持ち家か、持ち家の場合には誰の持ち物なのか(本人、配偶者、家族等)、そして住宅ローンは支払っているのか、といった点です。
お金を借りる本人の情報が必要なのはわかりますが、家族構成や住まいについてはキャッシング審査には関係ないだろうと思う人も多いと思います。
でも、実は家族構成や住まいについても審査ポイントの一つになっているんです。

まず、家族構成についてですが、家族の人数、扶養家族が何人いるのか、家族の中で働いている方が何人いるのかによって、生活に余裕があるかどうかがある程度わかりますよね。
例えば、両親、妻、子供2人の6人家族だった場合、全員が働いておらず扶養家族になっていれば1人の収入で自分を合わせて6人の生活を支えないといけないので、相当な収入がないとキャッシングしても返済できない可能性があると判断されます。
一方、同じ6人家族でも、両親も妻も働いていて、子供も就職して収入を得ているとなれば、家族全体の収入が多いので、仮にその方がキャッシングしても十分に返済出来るだろうと判断出来ます。

また、住まいについても、賃貸・借家の場合、月収から毎月家賃の支払いがあります。
その分返済に回すお金が少なくなると考えられるので、キャッシングの審査にはマイナスです。。
それが持ち家でさらに住宅ローンもなければ、固定資産税を支払う程度でOKなので、返済の余裕があると判断されます。
住宅ローンなしの持ち家はキャッシングの審査には大いにプラスといえます!

お金を借りるならとりあえずプロミスでOKです

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL   
カテゴリー
スポンサーリンク
最近の投稿
最近のコメント